スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

えろ部屋

あのっホモエロです
でもfc2におこられないようぬるいのばっかです






いちゃこらシリーズのキョン長(一番えろくない)
ガーターベルト着用の長門君

一年6組、約8名欠席です(モブ長)


水中セッks
(朝長) 

携帯長門くん(朝長)

 
なんかえろいことしてるね(朝長)

長門アラモード(長門君  男体盛り)



漫画

文化祭GJ(朝長)
6組の文化祭出し物が女装メイド喫茶だったので長門君連れ出してきたよ


命短し萌えろよ乙女(コンピ研中心性転換長門総受腐向け
 (以下更新中)



TEXT(追記より)

去年のお誕生日にいただいたキョン長♂ちゃんのエロ小説です。がっつりほもえろ注意。









※女装注意




 









「何でもやるって、言ったよな」
「確かに言った。でも、こんなことは想定していなかった」
「ふーん。でもやってくれるんだろう?」
「……」

ポーカーフェイス

 立ったままの俺が跪いた長門を見下ろすこの体勢は、雰囲気のせいもあって酷く扇情的だった。
 普段ならば戯れのようなキスの段階で外す眼鏡をかけさせたままの状況か、はたまた長門に乱れなくセーラー服を着せているからか、部室という公の場であるからか。とにかくいつもとは違う状況に、俺だけではなく、長門のほうも煽られているようだった。

 事の発端は、暇つぶしにやっていたポーカーだった。放課後に部室に行くと、みくるさんは風邪で学校を休み、小泉さんはクラスの用事があるとかで遅刻、ハルヒは行方不明。多分、どっかの部活かなんかに突撃でもしていたのだろう。
そんなわけで、なんとなく部室でダラダラしていた俺達だったが、先日使ったトランプが机に投げだされていて、流れでポーカーをやろうということになった。
賭けた物は『命令権』。相手に何でも命令できる、命令された側は何でも言うことをきく、そんな権利。俺はかねてからの野望を叶えるため、全力で長門に挑み、そしてその賭けに俺は勝った。


「ふぅ……、っ……」
 かすかに寄せられた眉が苦しげで、けれども熱に潤んだ瞳が愉悦を俺に伝えていた。透き通るような白い肌も今は紅潮していて、触ればきっとその熱を伝えてくれるだろう。
 ぴちゃぴちゃと音を立てながら、俺のモノを丁寧に舐(ねぶ)っている長門の髪を撫でてやる。それだけのことで気持ち良さ気に目を細めた長門は、裏筋を舐めるだけだった単調な行為から、全体を口に含み、口内を使って愛撫することに切り替えた。
「ん……っ、はぁ……」
「…………っ」
 とっさのことで、変化についていけない。全体を温かで柔らかいものに包まれる感覚から思わず漏れた小さな声に、ちらりと長門が見上げてくる。長門の端正な顔と、その口から出入りする赤黒いモノのアンバランスさが卑猥だった。
「ふぅっ……、っ……はぁ……」
 視覚から煽られ、大きくなったソレに、泣きそうに潤んだ藤色の瞳が責めるような色を浮かべた。背筋をぞくぞくした何かが駆け上る。
 普段はめったに表情を崩さない、動かぬ神聖な彫刻のような美しさをもつ長門の表情を、ここまで歪めさせることができるのは、この瞬間の俺だけだ。
 思わず腰をつき出すと、衝撃で閉じられた瞳から、つっと涙が零れ落ちていった。その光景さえも神聖さを感じさせる。
「……ん、ぐぅっ……」
 必死に喉奥まで咥えこんで、溢れ出る先走りをじゅっと飲み込まれる。嗚咽を堪える振動が、絶妙にモノを刺激してくる。そろそろ、我慢するのも辛くなってきた。
 長門の舌技に翻弄されないよう、髪から耳元、首筋と指を滑らせていく。セーラー服の襟元から手を滑り込ませれば、大げさなくらい長門の身体が震えた。予期せぬ快感に、長門の身体が僅かに俺から離れる。
「……っ、ぁ……っ!」
「……くっ」
 長門の手に強く握られた俺のモノから、白濁した液体が勢いよく散った。バッと散ったそれは、前に居た長門に当然かかるわけで……。
「……は、あ……。……すまん」
「…………べつに」
 幸い眼鏡のおかげで、目には入らなかったようだった。けれど、べったりと顔に付いたそれを見れば、申し訳ない気持ちが湧いてくる。
 机の上にあったティッシュを数枚とって渡してやると、無言で受け取り、いつもの無表情のままそっぽを向いてしまった。
「……すまん。もうやらせないから……」
「…………ゃ、なかったら……」
「え?」
 そっぽを向いたまま、ぽつりと何かを呟いた。
「……だから、服、と、場所。……これじゃなかったら」
 構わない。そう続けた長門を後ろからしっかり抱きしめた。


 抱きしめられて抵抗しないのも、無表情ではあるものの真っ赤になったままの顔なのも、甘えるのが苦手でつい、怒ったようになってしまうのも。

 長門のすべてが愛おしい。





・こんなのでごめんさない。
・エロい長門君ってどうやって書けばいいんですか?
・ただ、顔射させたかっただけっていうね!

                      From 珀織





ワーイありがとうございました!!ありがとうございました!!
長門くん壮絶なエロさ 可愛いわえろいわ健気だわ最高だな彼
しょうがないですよだって長門君の眼鏡はもうあれじゃないですか 顔射の前触れじゃないですか
よくわかっていらっしゃるありがとうそしてありがとう

                       くれせ

2037-12-23 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。